忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/10/22 15:28 |
進水式
私、ecoが9月末の数日間、エクアドルのPlayasへ行き、筏と船員に会ってきました!
その時の報告をします。

私の滞在中に筏を海に運んでくれた大和と、協力してくれたPlayasの皆さんに感謝です。
あんな瞬間を体験できて、本当に嬉しかった。

~Playasへ~

今年の2月に完成してから、筏はビーチに置かれたまま。まだ海にも浮かんでいない。
今回の旅行で、密かに筏を海に運ぶ計画を勝手にたて、ギリギリにその計画を大和に伝えました。
せっかく現地まで行くので、何か前進できればと考えて。

これが、単純に筏を押して海に浮かべる、というものでない事を現地へ行き知りました。
こんなにも修繕・改修する必要があったなんて!!!
甘かった!

現地では、大和があちこちで声をかけられ、相当有名人であるらしかった。
ちょっと頼りないが、その人柄が現地で受け入れられているようだった。少し安心した。

~船員と対面~

・ぺぺ
私が現地へ行ったその前の日、船員としてフランス人・ぺぺ(エリック)が応募してきました。
彼は1年半の南米旅行中で、どこかの宿で船員募集のビラを見て申し込んできたという31歳。
とくに航海経験は無し。
小柄で、無口でおとなしいが、お酒が入るとよく喋るようになる。マユあたりのピアスが怪しい!

「おはよう」

とホッペ・キスしたらヒゲが刺さって相当痛かった(苦笑)

・ドラゴ
イタリア人・ドラゴは3ヶ月前から船員として参加してくれている。
話術に長け、お洒落な感じの57歳。ちょっと年齢がきになるところ。
今回彼に会ったが、まだ彼がどういう人物なのか良く分からなかったな。

~Playasで筏と対面~

筏がどんなものかずっと想像するだけで、実物をみたくて仕方ありませんでした。
その筏と初対面。

感想は、、、、、あ・・・なにコレは?!

迫力が全然無い!!!!

枯れ木の塊、と言っては失礼な表現ですが、建造してから日がたっているせいか、材木に生命が感じ
られず、迫力が無かった。
と、率直に感想を大和に言うと、筏にニスを塗ればマシになると言う。

で・誰が塗るの?
私がニス塗りをすることになってしまいました~!!!

最初はシブシブ、そのうちご機嫌でニス塗りを始めていると、

「ニスは船員が足を滑らせる!」

とドラゴからクレーム。ええっ、せっかく塗り始めたというのに!
でも、砂をニスに混ぜて筏に塗ればOKでました。良かった。
ニスを塗るごとに少しずつ筏の見栄えがよくなり、元気になるようで、塗っていて楽しかった。

~筏の修繕・改修~

筏を海に浮かべるために必要なこと。
・マストの補強
・ホパの取り付け
・アンカー取り付け
・床の修理
・グアラの取り付け
・セメントの重り作成
・その他(なんだったか忘れました・汗)

とにかく、こんな状態で海に浮かべられない!ということで上記の作業を開始!
現地・筏組合のカルロスとサンドカンというベテランを先導に、作業をすすめる。
私もアンカーにペンキ塗ったり、船籍登録番号を筏に書いたりと、とても邪魔になりながら手伝い。

作業中、ビーチの人々の見学がぞくぞくとあわらる!

「アンタ達、なにやってんの?」

みたいな感じで聞いてくる。
筏は、ビーチの人々にかなり興味を持ってもらえたようです。

「アンタ、筏乗るの?」

とよく聞かれました。いや、私は乗りません。。。。乗りたくなってきてるけど・汗。

~海に浮かべるその日~

9月29日(土)に筏を海に浮かべるべく、作業を続けてきました。
その当日、実はまだ作業は終わっていない。

早朝、朝食のパンを買いに出たところ、Playasのラジオ局のDJに会い、

「午前7時30分から出演しないか?」

とお誘いを受ける。
願ってもないこと!放送で筏を海に浮かべるため、筏を押してもらうよう協力を呼びかけられる!
他の、まだ寝ているメンバー(ぺぺ・ドラゴ)をたたき起こし、Playasのラジオへ生出演!!!
なんと、私も放送室へ侵入して放送を聞いていました!

でも、スペイン語なので全然何を話しているか分からず。ちょっとはスペイン語やっとくべきでした。
とにかく、筏を海に出す、ということは宣伝できたようです。

その後、筏の修繕作業を続ける。午後に潮が満ちる、そのタイミングまでになんとかせねば!
と材料の買出しや作業をしている3時頃、TV局の取材がやってきた!

筏に腰掛けて、船員全員がインタビューを受ける。
何故か、私もインタビューを受ける!しかし、エスパニョールは理解できないため、英語で

「Playasで一番好きな食べ物はナンですか?」

と聞かれて

「カングレーホ(マングローブガニ)!」

と答える。前日の夜、エクアドルの友人がカニを皆に振舞ってくれたのだ。
あれ?全然、筏と関係のないインタビューではない?まあ、いいか。

そうこうしてインタビューを受けていると、ぞくぞくと野次馬が増えてくる!!!
Playasのビーチ中の人が全て集まってきてるかと思うくらい、人は増える・増える!
辺りは異様な雰囲気につつまれだした。物売りまで来て、お祭り騒ぎに!

「今しかないでしょ!」

と大和が言う。

「筏を(海まで)押すの手伝ってもらえますか?」

そう周囲にお願いしてまわった!もちろん、エスパニョールで。

ここからの展開が早い早い!!
筏の下へ丸太を敷き、総勢50人くらいで筏に手を添え

「バモス(行こう)!」

という掛け声とともに、筏が少しずつ少しずつ海に近づいていった。
あまりの興奮と感激で、クラクラ。鼻がツーンと痛くなり涙出そうになった。
大和も凄い感激しているようだ、目がキラキラしてきてる。
そりゃそうだろう、自分が作った筏が、今海に浮かぼうとしてるんだ、一番嬉しいだろう。

ついに筏は海に浮きました。皆、万歳と拍手。
Playasの、皆さんのおかげです。Gracias★

ところが!
海上保安局がカンカン!局へ、筏を海に出す、と報告してなかったみたい。

「なんで報告してないんだよ(怒)!」(私)

「報告しようと思ったけど、急に筏を出すことになったから(怒)!」(大和)

私も大和もちょいイライラ。
頭から血の気が引きつつ、局にしょっぴかれてゆき、何やらエスパニョールでお叱りを受けるが、
最後は???笑って握手している?!
とにかく、丸く治まったようです。焦った~!!!

押してくれた人達に振舞うジュースを急いで買出しに行った。
お酒を振舞う予定だったが、エクアドルの国会議員選挙が明日に控えており、禁酒だという。
エクでは選挙前2日間は禁酒だそう。熱いラティーノが多いせいでしょうか。

ジュースを振舞ってる間、筏がどんどん沖に出て行く!
筏にはぺぺとカルロス・サンドカンが乗っている。筏を追いかけるべくボートを出してもらった。

浮いている筏に乗った。
乗船して驚いたことは、かなり安定していること。
確かに波はそれほど無いが、これなら航海に耐えられるんじゃないかと思った。
この大きな筏で、果たして操縦が出来るのかどうか。

それを確かめる為に、今から試験航海を始める。

筏から降り、私は機上の人となり、日本へ帰りました。


~~~~~~~~~~


筏を海に浮かべたことは、大きな一歩。
浮かべてこれで終わりではなく、こっからスタートすることになります。
無事に試験航海を行えるよう、祈ります。

PR



2007/10/06 14:37 | Comments(11) | TrackBack(0) | 近況報告

トラックバック

トラックバックURL:

コメント


進水式、、感動しました。

イカダが思った以上に安定しているということで安心しました。

ぺぺ&ドラゴさんという二人の乗船員・・・
すべては縁です。偶然ではなく必然として現れたメンバーですよ。

ドラゴさんは57歳という事ですが、長い航海の中でこの年齢が
ものをいう瞬間が何度もあるような気がします。

フランス人ぺぺさん・・一年半の南米旅行の話しをイカダの上で
するんでしょうね。応援します。絶対に太平洋横断してください!。

日本時間2007/10/10 Am00:10
   一回目の祝杯を赤ワインで乾杯!

      進めぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーー

  



posted by hana at 2007/10/10 00:13 [ コメントを修正する ]
アリガトウございます!

ぺぺとドラゴが、これからどれだけ一緒に協力してくれるのか、全て試験航海で分かると思います。
長く一緒にやってゆければいいのですが。。。
それにしても、とーーーーっても個性的な人たちでした!

若干、筏が波に流されそうだったので、更に大きなアンカーを作り、アンカリングしているようです。
やはり海に浮かべることによって、筏の機能がはっきりしてくるようです。
まだ、足りない部分を試験航海ではっきりさせ、筏を完成させたいと思います。

後は、、、、日本人の船員が本当に欲しいところです!!!

posted by eco at 2007/10/13 12:18 [ コメントを修正する ]
contribution atlantic high range societies 2001 reconstructions
posted by huttonpoll URL at 2009/11/11 16:24 [ コメントを修正する ]
stratospheric china greenhouse offset release
posted by hrycglerma URL at 2009/12/01 07:54 [ コメントを修正する ]
http://ioc3.unesco.org http://www.usgcrp.gov
posted by roddguest URL at 2009/12/01 07:55 [ コメントを修正する ]
output doi agree simulations average end public start
posted by beldenegar URL at 2009/12/01 07:55 [ コメントを修正する ]
measurements stance surface findings maximum cosmic ocean
posted by devanafarr URL at 2009/12/08 20:22 [ コメントを修正する ]
capacity business required disease occurred potential degree
posted by wendlesora URL at 2010/03/12 18:37 [ コメントを修正する ]
http://www.researchintouse.com burning issues http://www.ifg.org
posted by briaunaahe URL at 2010/03/12 18:38 [ コメントを修正する ]
human nations until didn
posted by norvinpain URL at 2010/03/16 21:59 [ コメントを修正する ]
左翼の学界からはいろいろ文句が出そうな記事ですが、私は右翼で多元王朝説なのでこの結果をとても喜んでいます。
日本が世界史で重要な役割を示していたことを証明できると思い、今後の公開の結果を楽しみにしています。

一つ聞きたいのですが、エクアドルはいかだを浮かべる(まだ航海は始まっていない)で毛で届け出がいるのですか?日本なら黙認されるところですが。
posted by 日野智貴 at 2010/06/21 18:38 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<コンティキ号探検記 | HOME |
忍者ブログ[PR]